癒せる女性になる

もし仮に、今にでもすぐに風俗嬢になってお金をたくさん稼ぎたい女性がいるのでしたら、「癒し」という部分に自信があるのならすぐにでも始めたら成功するかもしれません。むしろ、今ではテクニックよりも癒しの部分を持っている女性のほうが多く指名が取れている流れになっているような気さえします。風俗嬢のお仕事というのは、正直なところ長くは続けられるお仕事では決してありません。

どれだけの金額を稼ぎたいかという目標を達成して、一日でも早く卒業するのが風俗業界との上手な付き合い方でもあるのです。一日でも早く卒業するには、何といってもリピーター客を多く掴むしか他ないのです。もちろん、容姿やテクニックは必要とされます。ですが、これだけは正直なところトップになるのは難しいでしょうし、何ならテクニックの部分であれば誰でも上達することは可能です。しかし、癒しの部分というのは容姿と同じで、持って生まれた性格というものが大きく左右されてくるのです。ですので、手っ取り早い方法としましては「男性を癒せる女性になる」ということになってくるのです。

たとえば、自分が彼氏を癒せないばかりに風俗へ行かれたり浮気をされるのは誰でも悲しいことでしょう。少しのテクニックさえわかっていれば、男性のほうから自然と愚痴をこぼせるような女性にはなれると思われます。では、男性のほうから自然と愚痴をこぼせるようになるテクニックにはどういったものがあるのでしょうか。まず、男性を抱きしめるクセをつけるということがあります。ここで言う男性を抱きしめるクセというのは「男性と抱き合う」という意味ではなく、自分の胸元に男性の頭を引き寄せてぎゅっとしてあげるということです。ストレスが溜まっていても愚痴をこぼさない男性の場合は、こうやって抱きしめてあげるだけで十分なのです。次に、「大丈夫」や「頑張っている」という言葉を多く使うというのもあります。そして、その言葉にプラス「自分だけは知っている」という言葉も付けれればなお良いと思われます。最後に、男性の愚痴を受け入れるということになってきます。たとえば、仕事を辞めたいといつも愚痴っているのに辞めない人は、そもそも仕事なんて辞める気がありません。ですが、そこでもお客様の言葉を肯定してあげるということが大事になってくるのです。「どうせ辞めないでしょ」なんて言葉というのはお客様も待っていません。ただただ、聞いて肯定してくれるだけで男性というのは十分なのです。

愚痴る理由

近年の風俗店で働く女性に求められるのは、容姿やテクニックと同じように「癒し」というものも同時に求められているのです。癒しなんてものは奥さんや彼女に求めればいいだろうと思う人は多いかもしれません。ですが、男性というのはそう簡単に身近な人に弱い部分を見せたくはないものなのです。

もちろんこれだけの理由だけでは決してありません。たとえば、「奥さんや彼女に心配をかけるのが申し訳ない」、「相手も疲れている」、「愚痴を言うこと自体が恥ずかしい」、「そもそも話しを聞いてくれない」、などなどの理由もあるのです。基本的に、お客様と風俗嬢というのは初対面になるケースがほとんどになります。そういったお客様の愚痴などを聞いたところで女性のほうは何をすればわからないので、ただただ聞いてあげるか抱きしめてあげるぐらいのことしかできないはずです。お客様からの立場からすれば、正直なところこれだけで十分なのです。それだったキャバクラやガールズバーでもいいのではないかと思うのですが、この風俗店での二人きりという空間も大事になってきます。これが風俗嬢に癒しを求める大きな理由となっているのです。

そもそも、男性は小さい頃から強く生きるべきだという使命感を持って生きています。逆に女性たちは、「女だから脚を開いてはいけない」、「髪を梳きなさい」、「ハンカチを持ち歩きなさい」と親に教えられていたはずです。それが男性は「強く」ということになりますので、相手に弱さを見せることに抵抗があるのです。お金を出して女性を買っている以上、風俗嬢とお客様の上下関係は明確になります。お客様だからこそ風俗嬢は「もっとしっかりしなさい」と思っていても、それを伝えることはしませんし、厳しい言葉や説教を言うこともありません。そして、いくら愚痴っても風俗嬢に自分の身元がバレないのもポイントのひとつでもあります。愚痴ったことが恥ずかしければ次から指名しなければいいだけなのです。しかも、男性の愚痴を聞き慣れていて、そして体で慰める術も知っています。

もちろん、「風俗嬢のまねごとをすれば男性が癒される」とは言いませんが、風俗嬢は男性が愚痴をこぼしやすい環境にいることは確かなのです。そういったこと全ての条件を満たしてくれるのが風俗店であり、風俗嬢だと男性は勝手に思い込んでいる傾向にあるのかと思われます。結局のところ、この癒しの部分を持っていない女性というのは今の風俗業界では少し不向きになってきているというのもちょっとした事実になるのかもしれません。

今では風俗=癒し

ここ最近では風俗店の業種がかなり増えている傾向にあります。風営法の改正に伴い店舗型の新規オープンが難しくなったためか、ありとあらゆる抜け道をかいくぐって風俗店をオープンさせているのです。その中で人気が高いとされているのが「風俗エステ」という業種となっています。表向きは男性専門のエステという名目でやっているのですが、裏を返せばお客様を射精まで導くといった性風俗店にもなっているお店なのです。もちろん、エステだけを真剣に行っているお店もあるのですが、中には性風俗がメインとしてやっている男性専門のエステも存在してくるのです。とはいえ、射精が最後のゴールとなっているのですが、それだけでは物足りず女性に癒しというものを求めて来店しているお客様も中には少なからずいます。元々、風俗業界で働く女性というのは容姿やテクニックというものが大いに求められていました。

ですが、近年の風俗業界で働く女性に「癒し」というものを求めて来店するお客様が非常に多いようにも感じます。これは風俗エステという業種に限らず、どの業種にも当てはまるものではないでしょうか。風俗が性欲を解消するだけの場であれば、「お客様を射精させる空間」とでも宣伝すればいいはずです。こういった露骨な宣伝をしているお店もありますが、最近の傾向としては「安らぎ」や「癒し」というものをメインに扱う店舗が大いに増えているのです。インターネットで風俗のホームページを検索してみると、大体のサイトに「癒し」という言葉が目にされます。店内にマイナスイオンを取り入れている、リラクゼーションを目的としたアロママッサージを提供している、癒し系の女性だけを採用している、などなどといった謳い文句でお客様の目を大いに引いているのです。

要するに、昔も今も女性というのはとにかく癒しを求めていますが、今では男性も女性と同じように癒しを求めているということなのです。では、なぜ風俗店に癒しを求めに来るのか気になるところでもあります。たとえば、会社で上司に嫌味を言われたとき、後輩に営業成績を抜かれてしまったとき、友人と喧嘩をしたときなど、生きていれば当然嫌なことや辛いことにぶつかるものです。そういったとき、本来であれば彼女や奥様に話をして優しく癒してもらいたいと望んでいるのですが、様々な理由で男性はパートナーに愚痴をこぼせないというのが現実でもあるのです。

ましてや、男性は女性と違ってプライドというものを大事にしている生き物でもあります。そのプライドを守るために、すぐ近くにいるパートナーにはそう簡単に弱い部分は見せたくはないものなのです。それに引き換え、風俗嬢との出会いというのはある意味「一期一会」のようなものです。そういった相手に癒してもらい、最後に射精まで導いてくれるということは、プライドが高い男性にとって一石二鳥の何物でもないということなのです。

関連資料|十三店熟女家
誠心誠意でお客様をおもてなしをしている風俗店、熟女家十三店の求人サイトです。